不法投棄に関する解説ページです。
HOME > 不法投棄

不法投棄とはこんな行為です!

企業でも個人でも、定められたルールに従って【ごみ】や【不用品】は適正に処分しなければなりません。 しかし、中には定められたルールを無視して、山中や空き地、廃墟など人目につかない場所に勝手に捨てる人や企業があります。 この行為こそが不法投棄で、絶対に許してはいけない行為です。(沼津、三島の山中でもよく見かけられます)
沼津市周辺の山中にも捨てられています。

不法投棄は犯罪です

エコロジーの意識が高まっている昨今、不用品の回収やリサイクル方法などはかなり細分化されてきています。 物を捨てるのにもお金がかかる、しかもちゃんと分別しなければならないと思うと、面倒くさいと思ってしまうかもしれません。 個人による不法投棄の場合でも【廃棄物の処理及び清掃に関する法律】によって処罰され、罰則は5年以下の懲役、又は1,000万円以下の罰金が課せられる場合があります。 面倒だからといって懲役になれば5年だけでなく、前科がついてその後の人生まで棒にふることになります。 不法投棄と聞くと、山奥などの人目につかない所にトラックで大量に捨てにいくといったイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。
【ゴミ集積所以外の場所にゴミを捨てる】【収集日以外の日に集積所にゴミを出す】【事業活動から発生する廃棄物を集積所に出す】といった行為も不法投棄に当たります。 そのようなことになってしまう前に、一般ゴミでも処分しにくいものは不用品回収を行っている専門業者に依頼しましょう。 生物や危険物、医療機器など回収できないものもありますが、回収できるものは迅速に対応してもらえます。

不法投棄の手助けをしている可能性があるのをご存知ですか?

たとえば、大きな食器棚を5,000円以下で回収することは、ほとんどありません。 便利屋の業務は法律上個人ではなく、事業者に分類されています。 そのため市などの処分場に出すことはできないので、民間の処分場に料金を支払い処分することになります。 自分で市に出されるなら手数料程度の金額で済みますが、業者が処分場に依頼すれば数千円、車両費や手間賃を計算したらかなりの金額になってしまいます。 家電リサイクル法の5品はそれとは別にリサイクル料金も加算されます。 そのため、モラルの低い一部の業者が山奥や川底に不法投棄を行なうのです。 特にパソコンや書類などを不法投棄されてしまうと、個人情報の流出などの危険があり、最悪の場合、個人情報からあなたが特定され、間違われて罰金を払わせられる可能性もあります。

どのように回収するの?

不用品の不法投棄は重大な犯罪です。1.料金が他の業者と比べて、明らかに安いところは依頼しない。 (明らかに高い場合はボッタクリの可能性があります)
2.料金だけで業者の良し悪しを決めない。
3.作業者に不用品の処分方法を何気なく確認してみる。
4.普段から、ネットやチラシで料金の相場をチェックしておく。 (殆どの場合、最終的な料金ではない金額が掲載されています)
安かろう悪かろうの不用品回収業者は存在しても、安かろう良かろうの業者は存在しません。(沼津でも不法に埋め立てて逮捕された業者も存在します)


沼津市・三島市周辺の不用品回収、廃品回収は便利屋本舗にお任せ下さい。

ページトップに戻る