引越しで出る不用品の処分方法のページです。
HOME > 引越し前後の不用品

引越し前後の不用品の処分

◆引越し前後に出た不用品の回収、粗大ごみの処分に対応

"引越しの前後は、予想外に出た不用品の処分に困ってしまう"
"引越し前に不用品やごみを早く処分したいが、忙しくて対応出来ない"
"とりあえず全ての荷物を新居に運んだが、放置状態になっている"
引越しの際に出る不用品やごみで、こんなお悩みの方は多いのではないでしょうか? 沼津市周辺の引っ越しの際にご利用下さい!


・引越しで出る不要なものとは

現状の住まいと新居の住まいの広さが大きく関係してきますが、「引越しを機に処分したいものがたくさんある」という方は多いと思います。 捨てたくても捨てられなかった洋服や雑貨、今の家に引越して来た時のまま開けていない段ボールはありませんか。 そういったものは今後も使うことはまずないので、これを機に処分してしまいましょう。 また、新居でソファーやテーブルなどの家具、冷蔵庫や洗濯機などの家電を新しく購入する場合もこれらは不要になります。 その他にも押し入れに入っている雑誌や古新聞・CDやDVDがあれば処分しましょう。

・不用品やゴミを処分する絶好のチャンスです

引越しは大変な作業ですが、それを機にたまっていた不用品やごみを処分する絶好のチャンスでもあります。 新居では心機一転、すっきりと片付いたきれいな空間で快適な生活を送りたいものです。 引越しで出たこれらのものを処分するには専門業者に依頼し、家具や家電・粗大ごみまで一気に処分してもらう方法が勧めです。

・引越しの時に出る不用品は、種類も大きさも様々

引越しの時に出る不用品は、タンス等の大きな物から、テレビ・冷蔵庫等の電化製品、可燃ごみ、不燃ごみ、缶やビン等、種類も大きさも様々です。 ”タンスはもう使わないから処分したい、ソファーは新しい物に買い替えたい、パソコンもこの機会に新機種に買い替えたい” このように使わなくなる物は大量に出ますが、自力で処分しようとするまで意外に大変な作業であることに気付きません。

・通常ゴミと粗大ゴミは処分の仕方が違う

引越しの時に出るごみは、自治体が定めている指定のゴミ袋などに入れて処分できる「通常ごみ」と、大きくて重たい「粗大ゴミ」に大別されます。 通常ごみは、ルールに従ってに分別すれば、指定日にゴミ袋に入れて所定の場所に置いておけば回収してもらえます。 粗大ごみの場合は自分で収集センターなどに申し込みをして搬入しなければなりません。 引越しの時期などは収集までに1ヶ月以上待たされることもあるので、早めの準備が必要です。

・引っ越し業者と不用品回収業者、どちらがお得?

引越しの時に出た不用品を処分する場合、居住している自治体での処分の他に引越し業者や不用品回収業者に回収してもらうという選択肢もあります。
まず、引越し業者に依頼する場合は、引越し作業のオプションとして依頼する形になります。 引越し作業と合わせて回収作業を行ってもらえるため、出張料金や人件費を抑えらるというメリットがあります。 ただし、回収可能な品目が限られているため、状態によっては断られてしまう可能性があったり、単価も専門外なので比較的高めです。
不用品回収業者に依頼する場合は、不用品の回収だけを依頼するという方法と、引越し作業も合わせて行ってもらう方法があります。 (弊社のような便利屋は引越しのお手伝い不用品回収のどちらにも対応しております) 引越し業者とは異なり、回収できない品目は殆ど無いので、残った物の処分等の面倒な作業はありません。
一般的なケースですと、引越しの作業と不用品の処分を別々に依頼するのであれば、やはり専門業者に任せたほうが料金的にも安く、面倒にならない場合が多いと考えられます。

沼津市・三島市周辺の不用品回収、廃品回収は便利屋本舗にお任せ下さい。


ページトップに戻る