清水町で依頼された不用品回収に関する業務事例です。
  1. トップ
  2. 清水町
  3. 業務事例

便利屋本舗が清水町周辺で行った業務事例をご紹介します

引越しで出る不用品(徳倉)
引越しでの不用品は必ず大量に発生します。 便利屋の業務の中で一番依頼が多いのは、引っ越しの際の不用品回収ではないでしょうか。 清水町に限った話ではありませんが、引越しの段取りは考えていても、それに伴うゴミや不用品の処分方法は考えていないようです。 大抵引っ越しの直前に連絡があり、かなりの量の回収になります。
施設への入居の手伝い(久米田)
高齢化が進むと更に増加が予想される業務です。 介護施設(老人ホーム、グループホーム等)への入居の際、それまで生活していた部屋の片付けと、不要になった家財の処分をご依頼されます。 介護施設が増加している高齢化社会では、今後さらに需要が高まってくる業務だと思います。
中古住宅の家財処分(湯川)
ゴミも含めて家を購入されるようです。 中古住宅を現状渡しで購入したお客様からご依頼される、家財道具の片付けです。 まだ使えるものは残して使用、使えないもの、自分の趣味に合わないものは回収しての処分を依頼されますです。 賢い中古住宅の購入方法かもしれません。
単身赴任終了の片付け(堂庭)
新しい生活には古い家電は必要ないようです。 清水町での単身赴任を終了し、地元に帰る際の生活用品の処分をご依頼されます。 まだ使える家電などが多くある場合もありますが、お客様は全ての処分をご希望される方がほとんどです。 清水町でも多くの方が単身赴任で働かれています。
盗難自転車の処分(柿田)
被害者は遠方まで取りに行くので大変です。 盗難された後、警察に発見されて保管されている自転車の処分依頼です。 既に自転車を購入済みの依頼者が多く、盗まれた上に処分料を払うのですから踏んだり蹴ったりです。 大概は盗まれた場所からかなり遠い警察署に保管されています。
ベランダの片付け、処分(的場)
ベランダはゴミ箱や物置ではありませんよ。 ベランダは外から見えてしまうので、物置き代わりにしているご家庭はあまり見かけませんが、片付けのご依頼は結構あります。 雨ざらしになった物や鉢植の植物が多いので、片付け作業中に部屋が汚れないように注意が必要です。
切枝、刈草の処分(伏見)
切り取ったら直ぐに処分しましょう。 自分で刈り取った草や、切り落とした庭木を処分しないまま放置しているお宅は結構多いです。 思っていた以上に量が多く手に負えなくなるようです。 濡れたまま放っておくと腐ってしまいとんでもない状態になります。
残置物の片付け・処分(玉川)
最近は契約時に処分してもいいように取り決めるようです。 大家さんや管理会社の方からの依頼で、アパートやマンションを黙って出ていった人の部屋に残された家財道具(残置物)の片付けと処分です。 法律の上では大家さんでも勝手に処分することができないので問題は結構多いようです。

清水町の不用品回収、片付けのご依頼は便利屋本舗 沼津店へ


ページトップに戻る