不動産物件の残置物に関する解説ページです。
HOME > 不動産残置物

不動産物件の残置物でお困りの方/沼津市 三島市周辺に対応

管理している物件の住人に夜逃げされ、部屋の中に入居者が残した私物残置物)がいっぱい、こんな状況で困ってはいませんか? 便利屋本舗ではアパートの一室、マンションから、大型の店舗、事務所などに残された残置物を速やかに撤去、処分致します。 個人、法人のオーナー様・管理人様、残置物でお困りの際は便利屋本舗 沼津店にご相談下さい。
沼津 三島周辺の残置物処分に対応致します。


残置物ってそもそも何なの?

残置物とは不動産物件に居住していた人が、退去の際に残していった私物生活用品・雑貨・家具・付帯設備等)のことです。 残置物は所有者が処分するか、引越し先へ持ち運ぶ必要がありますが、物件所有者に無断で放置していくケースも多くあります。 残置物の処分は、所有者本人に所有権を放棄してもらってから貸主が処分をするケースが最も多いです。 住宅の残置物は生活用品・生活雑貨が多いですが、事務所の場合はオフィス用品、飲食店舗の場合は厨房設備など、様々な種類の残置物が有ります。

具体的にはどんなものがあるの?

残置物ってあまり聞かない言葉ですよね! ・日用品(衣類・布団・食器類・書籍・自転車等)
・家電製品(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・乾燥機等)
・家具(タンス・机・椅子・ソファー・ベッド等)
・趣味趣向品(オーディオ機器・楽器・カメラ等)
・オフィス用品(事務机・ロッカー・応接セット等)
・付帯設備(エアコン・照明・食洗機・浄水器等)
・その他


残置物はどのように処分するの?

残置物は不動産のオーナーにとって処分に困る厄介な存在です。 撤去しなければ部屋の掃除や、次の借り手を募集することもできません。 しかし、残置物の所有権は借り主だった人にあるため、勝手に処分をすることができないのです。 そのため、オーナーは残置物を処分するために裁判を起こす必要があります。 しかし裁判を行うと手間と時間がかかるので、最近は賃貸契約を交わす際に残置物の処分方法を決めておくようになりました。 通常、明らかに夜逃げである場合は、残置物を不用品として処分しても所有権を放棄したとみなされて罪に問われることはありません。 何の取り決めもない場合は、念のために弁護士などに相談しておくことが大切です。 所有権の放棄が確認できれば、不用品回収の業者への処分依頼が行えます。 もちろんお金をかけずに、ご自分で処分の作業が行えるようになります。

残置物の処分は専門業者に任せた方が効率的!

生活で使用する様々な物が残置物となります 残置物の量が少ない場合は、オーナーの方が自ら残置物となった不用品を片付けて処分することができるかもしれません。 手間や時間はかかりますが、片付け費用、処分代を抑えるためには有効な手段です。 しかし、部屋の中がそのままの状態で放置されている場合は、片付け専門の業者を利用する方が効率的な場合が多いです。 次の借り手を早く確保するためには、多少の費用がかかったとしても、迅速に片付けられる方が、結局得策の場合が多いです。

便利屋本舗ではハウスクリーニング、リフォームの作業にも対応しております

沼津市・三島市周辺の残置物の処分は便利屋本舗にお任せ下さい。


ページトップに戻る